とりどりネット

日頃見つけた情報と愚痴と日記のブログ

スポンサーサイト

青色申告は通帳(口座)を事業と個人で分けなくてもできる!【ブロガーの青色申告】

スポンサーサイト

f:id:sumabiani:20180321203615p:plain

 
個人事業主を始めたら通帳(口座)とクレジットカードは事業用と個人用に分けるのが常識って知ってますか?
 
事業を始めた時にしっかり勉強した人の多くは通帳とカードを分けています。
 
勉強不足の人は個人の通帳とカードを事業に使いまわしている人が多いのが実情・・・
これらを分けていないといくつものデメリットがあってとっても苦労します。
 
 
というのが一般的な認識。
 
 
しかし、通帳とカードは必ずしも分ける必要はありません。
 
常識なだけで・・・
 
分けるとメリットがあるというだけで・・・
 
絶対ではありません!!!
 
最終的に帳簿が合えばいいんです。
 
 
実は私も通帳を分けない一人でして、初めての確定申告を済ませてきました。
 
確かに確定申告は難しかったですが、通帳を分けなかったことによる負担増については”言われてる程ではなかったな”と感じてます。
 
 
当ブログでは通帳やカードを分けずに青色申告と確定申告を切り抜ける方法を
1から10まで細かく解説しています。
 
今回は通帳やカードを事業用に分ける、分けないで生じる違いについて解説します。
自分はどうするかの判断材料にして下さい。
 
 

青色申告で通帳(口座)やクレジットカード分けないとこんなデメリットがある

先に述べた通り通常は事業用と個人用の通帳は分けるのが常識です。
ですが、絶対に分けないといけないわけではありません。
 

通帳を分けない場合のデメリット

①お金の流れが複雑になる
事業で発生したお金の流れの隙間に生活で発生したお金が複雑に絡み合います。
 
そうなると「月にいくらの収入があり、いくらの支出があり、残高はどれ位か」わかりにくくなります。
 
 
②帳簿づけの負荷が増えてしまう
帳簿にはお金の流れを全て書きこみます。
 
通帳が別れていないと個人のお金の流れも”ある程度”記載する必要がでてきます。
 
※通帳の中身は全て帳簿に入力します
 
 
③通帳を誰かに見せる時、プライベートのお金の流れも見られてしまう
事業を行っていると、いつの日か税務調査が来るかもしれない。
 
いつか帳簿づけが面倒になり、事務員さんや税理士さんに任せるかもしれない。
 
そうなると通帳は丸ごと公開する必要があります。
 
 

通帳を分けた場合のメリット

逆に、通帳を分けるとこんなメリットもあります。
 
④クレジットカードの明細を事業と個人で仕訳しなくてよい
クレジットカードが一緒だと、明細の中身を1件1件確認して事業利用か個人利用か分けなくてはいけません。
 
分けた後は事業利用の合計と個人利用の合計を計算し、通帳のカード引落時の記録を「事業\1000、個人\1000」といった具合に調整します。
 
 
青色申告のサービスだと取込連携ができてとても楽ちん
青色申告、白色申告を簡単に行うサービスがあります。
 
やよいの青色申告、MFクラウド確定申告、freee等が有名です。
 
私はやよいの青色申告を選びました。
一番サポートが手厚そうだったのと使い方が理解し易そうだと感じました。

  
これらのサービスには通帳やクレジットカードの明細を自動で取り込んでくれるサービスがあります。
 
これを使うと、あとは勘定科目を選ぶだけという優れものです。
 
 

確定申告まで終えてからの考察

私は実際に通帳を分けずに申告を済ませました。
 
先述したメリット・デメリットについてこのように思いました。
 

①お金の流れが複雑になる

お金の流れが複雑になる、というか余計な情報が少し増えて見づらくなります。
 
ですが、そもそも帳簿を見ないので見づらくなっても問題ないかな。と思いました。
 
普通の事業主は帳簿を見て利益など確認するのかもしれませんが、私はブログの収益をエクセル管理で管理しているので帳簿は見ません。
 
ブロガー、アフィリエイターは技術が売りなので在庫というものがありません。
 
経費も教材費、交際費、交通費、通信費が主なので「収益に対してどれくらい経費を使って利益が出たか。」という考えにはなりませんでした。
 
気になるのは「どのブログでどれだけ収益が上がったか」ばかりです。
 
よって、①については「複雑になっても見ないので気にしない」という結論に至りました。
  

②帳簿づけの負荷が増えてしまう

帳簿づけで増える負荷とはどのようなものか、が気になりますね。
それは個人用に関わる所だけになります。それはどれくらい増えるのでしょう?
 
通帳を分けなかった場合の私の帳簿入力は大別して5つでした。
❶通帳の内容全て
❷現金で支払った経費
❸クレジットカードで支払った経費
❹車や購入PC等、資産の登録
 
これらについてどれくらい負荷が増えるか説明します。
 
❶通帳の内容全て
通帳に記載される個人的な記録は「事業外収入、振込、引落、クレジットカードの引き落とし」等。
 
私は50件強の記録があり、その内9割が個人的なものでした。
 
「❶から45件も手間増えてるじゃん!」と思われるかもしれませんが、複雑な作業ではなかったので大した負荷ではありませんでした。
 
個人のお金は勘定科目を事業主借、事業主貸で入力するだけになります。
 
(事業主貸、借は「事業主が自分で払ってね、受け取ってね」というものです)
 
 
❷現金で支払った経費
「現金で支払った経費=100%事業関係」です。
 
「現金で支払った個人的なもの」は帳簿に一切入力不要!
 
よって負荷は増えません。
 
 
❸クレジットカードで支払った経費
クレジットカードを事業用と個人用で分けているか否かで変わってきます。
 
カードが事業専用の場合は明細の全てを帳簿に載せます。
 
カードを個人用と兼用にしている場合は、明細から事業に関するものだけを”未払金”で処理します。
 
また、先に述べたように明細から事業利用と個人利用を分けてそれぞれの合計を計算しないといけません。
 
ここは確かに負荷が増えました。
 
 
❹車や購入PC等、資産の登録
通帳を分ける、分けないは関係ありませんでした。
 
 
通帳を分ける、分けないは関係ありませんでした。
 
 
 
いかがですか?結局❶の分しか負荷は増えませんでした。
 
高々数十~百件ほどの入力が増えるだけになります。
 

③通帳を誰かに見せる時、プライベートのお金の流れも見られてしまう

⇒見られたからなんだと言うのでしょう?
 
友人や家族に見せるのは確かに恥ずかしいです(笑)
 
税務署の人や外注の事務員さんに見せるのは特に恥ずかしくありません。
 
もし、恥ずかしい振込や引落が記録されていたら恥ずかしいです(笑)
 
普通に使っているだけなら胸を張って見せてあげましょう。
 
いつの日か法人化して従業員を雇うようになったら社員に見せる(預ける)こともあります。
 
そうなる前には専用通帳を作っておきましょう。
 
 

④クレジットカードの明細を事業と個人で仕訳しなくてよい

これは確かに楽になると思います。
 
カードの明細が全て事業用なのだから「これは事業か?個人か?」と悩む必要が無くなります。
 
逆に、個人で買ったものが「これ経費にできるんじゃないかな?」という楽しみは減ってしまいます(笑)
 
カードが事業と個人で同じものを使用すると
・支払時にどちらか迷ったり
・お会計を別々にしなくて済んだり
・ポイントも一か所に貯めることができたり
といったメリットもあります。
 

青色申告のサービスだと取込連携ができてとても楽ちん

やよいの青色申告だとスマート取引という機能があります。
 
口座やクレジットカードと連携してくれて、自動で明細を取得してくれる優れもの!

 
あとは勘定科目や摘要(備考のようなもの)を修正して取込をすると帳簿に入力されます。
 
これを使うと金額の入力ミスの心配が無くなり、チェックが不要になるのが本当に便利です。
 
通帳を分けるメリットに入れましたが通帳を分けなくても普通の使えるので関係ありませんでした!
 
(最初に調べ回ったときにメリットとして挙がっていたので使わせて頂きました。)
 

 おわりに

①お金の流れが複雑になる
⇒個人利用分が数十件増えるだけなので、あまり気にしなくて大丈夫です。
 
②帳簿づけの負荷が増えてしまう
 
⇒ 通帳の明細を帳簿に入力するとき数十件程増えるくらいです。
 
③通帳を誰かに見せる時、プライベートのお金の流れも見られてしまう
 
⇒通帳を見せて困る人はあまりいないと思います。困ると思ったら新しい通帳を作りましょう。 
 
 
④クレジットカードの明細を事業と個人で仕訳しなくてよい
 
⇒確かにココの負荷がなかなかのものです。
 
ですが、事業と個人で同じカードを使うメリットもなかなかのものです。
 
青色申告のサービスだと取込連携ができてとても楽ちん
 ⇒通帳やカードを分けなくても自動取込サービスは使えます。
 
如何でしたでしょうか。
 
確定申告間近で通帳を分けてなくて焦った人は大丈夫!
 
分けなくても青色申告も確定申告もできるので安心して対応してください。
 

 
スポンサーサイト
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村